社長就任祝い用 胡蝶蘭 FAXで注文 |  カートをみる ご利用案内 お問い合せ 注文便利ページ
RSS

胡蝶蘭なら胡蝶蘭通販/サライ

社長就任祝い用の立て札の書き方

社長就任祝いに胡蝶蘭をご注文いただくとき
皆さん立て札の文言に迷われるようでよくご相談をいただきます。

そこで代表的なものをご紹介したいと思います。


社長就任祝いにお付けする立て札で、近年最もポピュラーな書き方として

札の中央に朱色で----祝 御就任

右側に----お届け先様(会社名+役職名+お名前)

左側に----送り主様(会社名+代表者名など敬称抜き)

がよく使われています。(木型立て札と紙製立て札を並べて表示しています)

次によく使われているのが

祝 御就任
送り主様(会社名+代表者名など敬称抜き)

という形です。

もともと立て札は、誰から届いたものか
贈り主の会社名やお名前をはっきりさせるためのものですので
従来より使われている一般的な書き方と言えます。

近年お届け先のお名前を記載した方が、丁寧な感じがするためか
先に紹介したような書き方を希望する方が多くなってきました。

しかし文字数が多くなりますと、記載する文字が小さくなります。

沢山のお花が届くような場合は、お届け先名は記載せず
お祝いの文言と送り主様のお名前のみの方が、すっきりして目立ちますのでおすすめです。


その他、就任と合わせて、周年記念や移転などのお祝いごとが重なった場合や
お祝いの文言に迷ったときは、

「祝 御就任」 の部分を 「御祝 」や「お祝い」にすることをおすすめしています。


またアルファベットが含まれる場合は、横書きの立て札がよろしいかと思います。


立て札には、必ずこうしなければならないという決まった形があるわけではありません。

ご希望やご不明な点がありましたらいつでもご相談ください。

ページトップへ