社長就任祝い用 胡蝶蘭 FAXで注文 |  カートをみる ご利用案内 お問い合せ 注文便利ページ |
RSS

胡蝶蘭なら胡蝶蘭通販/サライ

お供え用に胡蝶蘭を贈るときのマナー

お供えに胡蝶蘭?

お供え用に胡蝶蘭?
胡蝶蘭といえばお祝い用のお花では?と思われがちですが
枕花や、葬儀の祭壇などでもよく見かけるようになりました。
法要 お供え用胡蝶蘭
近年、花姿が清楚で美しく、落ち着きもあるため
お供え用にも胡蝶蘭が良く使われています。

弊社では、四十九日や一周忌など、
法要のお供え用の花として胡蝶蘭をご注文いただくことが多く
特に遠方にお住まいのご親戚へのお供えによく使われています。

お供え用には、どのように胡蝶蘭を贈ればよいのか
いくつか気をつけたい点を挙げてみました。


お供え用花の色

一般的な白い大輪の胡蝶蘭をご注文いただく場合が一番多くなっています。

最近では、少しサイズの小さな「ミディー」と呼ばれる中型の胡蝶蘭をご注文いただくことも増えています。

少しだけ色がほしいという場合は、白色に赤リップも
華美になり過ぎずよろしいかと思います。

ピンク色の胡蝶蘭などは、ほとんどご注文いただくことはありませんが、
故人が好きだったということでご利用いただくこともございます。

何年も経ってからの法要などの場合は、少し色目の派手なものをご希望される場合もございますが、
そういった場合は何かしらのメッセージをお付けになる場合が多いようです。

当店では、花の色に特別な思い入れがない限り、白の大輪胡蝶蘭をおすすめいたしております。


お供え用胡蝶蘭のラッピングの色について

お供え用の胡蝶蘭には、通常は白や紫を基調としたものをお付けいたします。

亡くなってから何年も経っている法事などの場合は、
もう少し明るい色や 故人の好きな色を選んでいただいても良いと思います。

ご希望のお色でご準備させていただきますので、備考欄などに気軽にご指定下さい。


法要、お供え用のメッセージカード、立て札

故人をしのぶ思い出の一文を書き添えたメッセージカードが多く使われますが

立て札をお付けになる場合は

例)

御供

御供
  ●●●●(贈り主様名)

などシンプルな内容のものが良いと思います。


法要、法事などお供え花のお届け日

ご自宅にお届けすることが多いと思うのですが
法要当日は、お花が届いても飾っている時間がないかもしれませんし、
配送事故などで早い時間に届かない恐れもあります。

出来れば、前日までにお届けしておくことをおすすめします。

また法要会場がご自宅以外の場合、
終わった後に持ち帰ることが困難な場合もあります。

先方様のお受け取りが可能な状況でない限りは、
やはりご自宅のご仏前にお供えいただくのがよろしいかと思います。

スペースが限られていて大輪の胡蝶蘭は大きすぎる、という場合は
一回り小さな白花のミディ胡蝶蘭も取り揃えてございます。ぜひご利用下さい。

お供え用 白いミディ胡蝶蘭1の詳細はコチラから

お供え用 白いミディ胡蝶蘭2の詳細はコチラから


お供えにおすすめの胡蝶蘭


お供え用にこの 胡蝶蘭 が人気です。

お供え用のお花

お供えにおすすめの胡蝶蘭の紹介とお供えに関連する事柄のご紹介。胡蝶蘭通販/サライ



お供え用の胡蝶蘭等にこの 胡蝶蘭ギフト桐が人気です。

お供え用の胡蝶蘭

  • 心ばかりのお花をお贈りさせて頂きました。御霊前にお供え頂ければ幸いでございます。謹んでお悔やみ申し上げます。
  • 心ばかりのお花をお贈り致します。ご霊前にお供え頂ければ幸いです。どうかお気を落とさずにどうぞご自愛下さいませ。
  • 心ばかりのお花をお贈りさせて頂きます。御霊前にお供え頂ければと思います。謹んでお悔やみ申し上げます。この度はご愁傷様でした。
  • 信心ばかりのお花を贈らせて頂きました。ご霊前にお供頂ければ幸いです。ご遺族の皆様のご健康をお祈り申し上げます。
  • 心ばかりのお花を贈らせて頂きました。御霊前にお供え下さい。ご遺族の皆様、どうかお体を壊されないようにご自愛下さいませ。
  • 心よりご冥福をお祈り申し上げます。心ばかりのお花を贈らせて頂きました。ご霊前にお供え頂けると幸いでございます。
  • ○○様のお傍にに置いて下さると幸いでございます。この度はご愁傷様でした。
  • 心ばかりのお花を贈らせて頂きました。ご霊前にお供え頂ければ幸いでございます。皆様、お力を落とされることなく、どうぞご自愛下さいませ。
  • 心ばかりのお花を贈らせて頂きました。この度はご愁傷様でした。
  • ご逝去を悼み心よりお悔やみを申し上げます。心ばかりのお花を送らせていただきました。ご霊前にお供え下さればと思います。

お供え用胡蝶蘭ならこちら

お供え用にお花を地味に贈る

お供え用の花なので、
胡蝶蘭に派手なラッピングをしたくない。

 

そんな方は、ご注文時
備考欄に「お供え用・ラッピングを地味に」とご記入下さい。

● 紫系のラッピングを使用し、シックなラッピングいに致します。

 ▲白い胡蝶蘭は「清楚で高級感があり」
お供え物としても、定番のお花です 。

お供え 法事 法要

お供え 法事 法要におすすめの胡蝶蘭の紹介とお供え 法事 法要に関連する事柄のご紹介。胡蝶蘭通販/サライ


お供え 法事 法要

  • ○○回忌にあたり、故人の数々のご遺徳を偲び、衷心より哀悼の意を表します。
  • ○○周忌のご法要にあたり、心より故人のご冥福をお祈り致します。
  • 故人の○○周忌と伺い、お悔やみ申し上げます。誠に残念ですが、ご法事に出席できませんが心ばかりのお花をお供えさせて頂きます。
  • ○○回忌のご法要に際し、お悔やみ申し上げます。ご生前の面影を偲び、遥かにご冥福をお祈り致します。
  • ○○回忌のご法要に際し、改めて悲しみが募ります。面影を偲び、遥かにご冥福をお祈り致します。
  • 初盆を迎えられて、悲しみを新たにされていることでしょう。心よりお悔やみを申し上げます。
  • この度の慰霊祭にあたり、心よりご冥福をお祈り致します。
  • ご法要のご通知頂きましたが、参列できず誠に申し訳ありません。ご冥福を心よりお祈り致します。
  • この度の慰霊祭にあたり、御霊の安らかなることをお祈り致します。
  • 命日ということで、心ばかりのお花を送らせて頂きました。月日が過ぎるのは早いもので、もう○○年が経ちましたね。ご家族の皆様のご健康を心よりお祈り致します。
  • ○○周忌にあたり、心ばかりのお花を送らせて頂きました。改めて心よりご冥福をお祈り致します。
  • ○○周忌のご法要にあたり、心より故人のご冥福をお祈り致しております。
  • 奥様の○○周忌にあたり、心ばかりのお花を送らせて頂きました。改めて心よりご冥福をお祈り致します。
  • 故人の○○周忌と伺い、悲しみを新たにしています。ご法事に出席できませんが、故人を偲びたいと思っております。
  • 故人の○○回忌にあたり、心より故人のご冥福をお祈り致します。
  • 慰霊祭にあたり、哀悼の意を表します。ご遺族の皆様のご心中いかばかりかとお察し致しますj。謹んでご冥福をお祈り致します。
  • ○○回忌のご法要にあたり、故人の面影を偲びつつ改めてご冥福をお祈り致します。
  • 四十九日にあたり心ばかりのお花を送らせていただきました。○○様のお姿を偲び、改めてご冥福をお祈り致します。
  • ○○様の七回忌とは月日が経つのは早いものですね。ご生前の頃のことを思い出します。ご冥福と皆様のご健康をお祈りいたします。
  • ○○周忌にあたり、心ばかりのお花を送らせて頂きました。ご仏前にお供え下さいませ。

お供え 法事 法要 胡蝶蘭ならこちら

お供えに添える お悔み例文2

お供えに添えるお悔やみ例文とお供え用胡蝶蘭のご紹介


お悔み 例文2

  • 社長様のご訃報に社員一同、謹んで哀悼の意を表します。ご遺族の皆様に心からお悔やみ申し上げます。
  • ○○様の不慮のご逝去の報に接し、御社ご一同様に衷心より哀悼の意を表します。
  • ご生前のご厚情に深く感謝致します。ご遺族の皆々様のご健康をお祈り申し上げます。
  • 信じられない気持ちでいっぱいです。心よりご冥福をお祈り申し上げます。お悔やみが遅れましたことお許し下さい。
  • 故人のご厚情を思えばお見送りをしなければ行けませんのに、伺えずに申し訳ございません。ご冥福をお祈りしています。
  • 幾多のご厚情を思い、誠に痛惜の念でいっぱいです。教えて頂きたいことがたくさんありましたのに残念でしかたありません。謹んでお悔やみ申し上げます。
  • 最愛の○○の訃報を聞き、深い悲しみに襲われています。ご遺族皆様のご心中をお察し申しあげ、心からご冥福をお祈り致します。
  • ご訃報に接し、悲しみでいっぱいです。私の心の中にいつまでも生き続けます。どうか安らかにお眠り下さい。
  • 悲報に接し、心からお悔やみ申しあげます。お別れにも伺えず、残念でなりません。お元気だったお姿が目に浮かびます。
  • ○○ちゃん、たくさんの思い出をありがとう。どうぞ安らかにお眠り下さい。
  • 突然の旅立ちに驚きを禁じ得ません。ご傷心を思うと悲しみにたえません。遥かにご冥福をお祈り致します。
  • 突然のご逝去の報に接し、お慰めするすべもございません。どうぞお気を強くなさってください。ご冥福をお祈り致します。
  • 悲しみは計り知れないものと思いますが、どうぞご自愛下さいませ。心からお悔やみ申し上げます。

お供えに添える お悔み例文1

お供えに添える お悔み例文と お供え用 胡蝶蘭のご紹介


お悔み 例文

  • ご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。安らかにご永眠されますようお祈り致します。
  • ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。
  • ご逝去の報に接し、心から哀悼の意を捧げます。
  • ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈り致します。
  • 故人のご功績を偲び、謹んで哀悼の意を表します。
  • ご逝去の知らせを受け、大変驚いております。ご生前のお姿を偲び、心からご冥福をお祈り致します。
  • ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈り致します。
  • 悲報に驚いております。まだ信じられない気持ちでいっぱいです。謹んでお悔やみ申しあげます。
  • 突然の悲報に驚いております。ご家族の皆様の悲しみお察し致します。謹んでお悔やみ申し上げます。
  • ご急逝の報に接し、驚愕致しております。ご傷心を思うと胸が痛みます。心から哀悼の意を表します。
  • ご逝去を知り、ただただ驚いております。皆様のご落胆もいかばかりかと存じます。謹んでお悔やみ申し上げます。
  • ご家族の皆様の悲しみは計り知れないものとお察し致します。どうぞお気を強くなさって下さいませ。心からお悔やみ申し上げます。
  • 突然の悲報に接し、悲しみにたえません。謹んでご冥福をお祈り致します。
  • 突然の悲しいお知らせに接し、驚愕しております。ご遺族の方々のお悲しみはいかばかりかとお察し致します。どうぞご自愛下さいませ。
  • 突然の悲報に接し、まだ信じられません。安らかにご永眠されますようお祈り致しております。

香典返しお礼文例


香典返し 文例集

  • 亡○○○儀死去の際はご多忙中にもかかわらず、御鄭重なるご御香志を賜り誠に有難く厚く御礼申し上げます。
  • 亡○○○の葬儀に際しまして、御多用中のところ御会葬頂きまして誠にありがとうございました。お心のこもった御香志を頂き御礼申し上げます。
  • ご繁忙中、ご懇篤なるご弔尉とご厚志を賜り深く感謝いたしております。
  • 亡○○永眠の節はご鄭重なご弔問を頂き、ご香料までお心遣い頂きまして深く御礼申し上げます。
  • 亡○○永眠に際しましては心温まるお心遣いとご弔問ありがとうございました。今後とも皆様のお力添えをお願い申し上げます。
  • この度は、御多用中にもかかわらず、ご丁寧な御弔問御厚志まで賜りまして御礼申し上げます。供養のしるしとして心ばかりの品をお届致しましたのでお納め下さいませ。
  • この度は御礼申し上げます。○○日忌にあたり、御礼を兼ねてお送り申し上げました。何卒、ご受納下さいますようお願い致します。
  • 御多忙の折にもかかわらず御懇篤なる御弔慰を賜り、鄭重なる御玉串料に預り誠に厚く御礼申し上げます。
  • 御繁忙中、拘りませず御懇篤なる御弔問を頂きまして御礼申し上げます。生前の故人への厚い御交誼を深く感謝申し上げます。
  • 葬儀の節は御多多用中にもかかわず御丁重なる御香典御供物を賜り御芳情のほど厚く御礼申し上げます。
  • 故○○儀召天の節は御懇篤なる御弔慰を賜わり、格別の御献花、御香典を頂きまして誠に有難く御礼申し上げます。
  • ○○の葬儀に際しましては、ご鄭重なるご弔電を頂きまして誠にありがとうございました。
  • ○○の葬儀の折には、立派なお供え、御香典を賜わりまして誠にありがとうございました。霊前に飾らせて頂きました。
  • ○○の葬儀折には、貴重なお時間を割いて式場までお運び下さりありがとうございました。生前の○○が本当にお世話になり、改めてお礼申し上げます。
  • この度は○○の死去に際し、お心のこもったお悔やみ状と過分な御香料を頂きまして誠にありがとうございました。
  • この度はご多忙にもかかわらず、丁重なご弔意ならびに過分なご香資を賜りまして御礼申し上げます。

7回忌法要のお供えに贈られた胡蝶蘭とお客様の声

7回忌法要のお供えに贈られた胡蝶蘭とお客様の声




声;
この度は大変お世話になりました。

昨日、先様より御礼の電話頂きました。
お花が大きくてと大層喜んで下さいました。

急な注文に答えて下さり、本当にありがとうございました。
主人も感謝しておりました。

またお願いしたいと思っております。
今後共、宜しくお願い致します。

季節の変わり目です。お身体大切になさって下さい。

まずは御礼まで。


これと同じ胡蝶蘭はこちら→お供え用胡蝶蘭

ページトップへ